71bb7b7e438043ee60be134d3626a202_s
ほうれい線を一瞬で消してしまう方法があるのをご存知ですか?
女性ならほとんどの人がやっていること、それはメクアップです。
お化粧で、ほうれい線を目立たなくさせてしまうテクニックを、まとめてみました。
これなら、すぐに誰でも出来るかもしれませんね!

ファンデーションでほうれい線を隠す!

ファンデーションの種類

あなたはどんなタイプのファンデーションを使っていますか?
パウダータイプ?リキッドタイプ?ツーウェイファンデーション?
そもそもファンデーションって、どのくらいの種類があるのでしょう。

・パウダータイプ=コンパクトに収まっている固形ファンデと、
カップに入っている粉状のファンデーションがあります。
・リキッドタイプ=シャバシャバからややとろみのある液体状のファンデーション。
・クリームタイプ=クリームのようにコッテリしたカバー力のあるファンデーション。
・スティックタイプ=口紅のようにファンデーションが固められていて、カバー力も高いです。
・ツーウェイタイプ=固形でコンパクトに収まっており、パフを水で濡らしても使えます。
・ミネラルタイプ=粉状になっていて、専用ブラシを使うファンデーション。
・BBタイプ=スキンケアの概念から生まれたクリームタイプのファンデーション。

さて、この中からほうれい線を目立たなくするのに、お勧めのファンデーションは・・・

・パウダータイプ
・ミネラルタイプ
・BBタイプ
以上が向いています。

なぜ、この3タイプなの?

実は、ほうれい線は、カバー力の高いファンデーションや
油分の多い重たいタイプを使うと、よれて埋まり込んでしまうのです。
その結果、逆にほうれい線が目立ってしまいます。

ほうれい線に限らず、小ジワや毛穴を目立たなくさせるのは、
「隠す」「塗る」ではなく、
「散らす」「ぼかす」を意識してください。

お肌に透明な薄いベールを張って、
光の反射を利用して隠したいところを目立たなくするテクニックです。

コンシーラーでほうれい線を隠す!

ワントーン明るいコンシーラー

肌色よりワントーン明るいコンシーラーを、ほうれい線に薄く伸ばして馴染ませます。
その上からパウダーファンデ、またはルースパウダーを叩いてぼかします。
ハイライト効果で、目の錯覚を狙って、上手にほうれい線をカバーするテクニックです。

何より大切なのは、下地をしっかり作ること!

下地クリームの役割

あなたはファンデーションを塗る前に、下地クリームを使っていますか?
いまいち下地クリーム(ローション)の意味が分からず、
何気なく飛ばしてしまっている人もいるかと思います。
下地クリームは、あなたの素肌を補正してくれる強い味方です。

くすみや色ムラ、凸凹や小ジワをツルンとした肌に作り替えます。
そして、何よりファンデーションの効果を最大限に引き出し、
化粧持ちを良くしてくれるのが下地クリームの役割です。

下地クリームにできること

・肌表面の水分量や皮脂量をコントロールして、化粧持ちを良くします。
・保湿機能やうるおい機能があるものを選べば、スキンケアができます。
・ファンデーションと肌の間に入って、接着剤の働きをします。
・ほうれい線ケア機能のある下地クリームなら、一層期待ができそうですね!
・お化粧でほうれい線を目立たなくするためには、マストアイテムと言えるでしょう。

いかがですか?
メイクは、あくまで対処法でしかありません。
この先もずっと、メイクだけでほうれい線やお肌の悩みを乗り越えていけるかどうか?
考えるまでもなく、答えは出るハズ!
やはり、基本的なケアは必要ですね。