一度出来てしまったほうれい線は、消すことができないのでしょうか?
ほうれい線が濃いのと薄いのでは、同じ顔でも見た目年齢が全然違いますよね。
出来てしまったほうれい線の消し方、その方法がいくつかありましたよ!
それぞれの方法で、どこまで消せるかはあなた次第。
でも、このまま何もしないで放置すれば、来年のあなたの顔は今よりも老けて見えるかも!?

アンチエイジングの基本、肌を若返らせる

●肌の劣化や加齢により、ほうれい線が出来てしまう
肌のハリは、小ジワだけでなく、ほうれい線にも大きく影響しています。
小ジワ対策として思い浮かぶのは?
・肌の潤いをキープすること
・乾燥からお肌を守ること
・定期的な正しいマッサージ
・紫外線防止を徹底すること
・食べ物やサプリメントで、栄養補給
・小ジワにピンポイントで効果を促す美容成分配合のコスメ

これらアンチエイジングの方法は、同時にほうれい線を消す効果も含まれています。
肌時間を逆回しできれば、ほうれい線だけでなく、

口角も上がり若々しい印象を与えることができますよね。

あのニベアがほうれい線を消すクリームだという噂の真相

●テレビのある情報番組から広がった?
以前からニベアクリームを厚塗りするパック法などで、

プチプラ・ブームもあり、ニベアが見直されていました。
確かにニベアクリームは、手肌の保湿や保護をお手軽にできるコスメとして、歴史と実績があります。
しかしながら、残念なことにほうれい線を消すほどの効果は期待できないようですね。
ニベアの品質が劣っているというわけではなく、

ほうれい線対策を考慮してニベアは作られていないことを忘れてはいけません。
事実、その情報番組でも具体的な商品名には触れずに放送された模様。
噂の始まりは、一部の視聴者の思い込みや推測によって、

ネット上に「ニベアでほうれい線が消せる!」と広まったというのが、真相のようですね。
うーん、ちょっと残念ですが、ニベアの保湿力は、今も昔も変わるものではありません。

ほうれい線の消し方、戦国武将に例えて3連発!

●「消えぬなら消して見せようほうれい線」豊臣秀吉風
・今使っている化粧品の成分を見直してみる
・マッサージ方法やエクササイズが間違っていないか、再度確認
・メイクの方法を、もう一度見直してほうれい線を消すテクを磨く

とはいえ、やり過ぎは及ばざるがごとしですよね。
何事も見極めと切り替えの判断が大切です。

●「消えぬなら消えるまで待とうほうれい線」徳川家康風
・ベロ回しや作り笑いなど、表情筋を鍛えることを忘れない
・フェイスローラーやほうれい線対策の美顔器を使ってみる
・食べ物に注意を払い、内側からのケアを続ける

この場合、時間との勝負になりそうですね。
その方法が時間(老い)を飛び越えたならほうれい線は消えますね。

●「消えぬなら消してしまえ!ほうれい線」織田信長風
・美容外科で、ほうれい線を消す手術をする

成功すればモンクなく、確実にほうれい線は消えるでしょう。

 

いかがですか?
ほうれい線に悩む女性は、年齢が上がるほどに増す傾向にあります。
「消したい!」という強い願いを叶えるには、

まずは「これ以上進行させない」ことから始めてみてはいかがでしょう?