d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s
ほうれい線は年代に関係なく、その人個人の生活環境や肌環境によって現れてきます。
もちろん20代だからといって、安心はできません。

なぜなら、私たちは一生のうちで浴びる量の紫外線の半分を、20歳までに肌に浴びてしまっているからです。
紫外線が肌に及ぼすダメージは、計り知れませんね。

そんな肌ダメージばかりでなく、様々な要因で現れてくるほうれい線。
20代ならば、どんなケアが向いているのでしょう?

老化が始まって出来ているほうれい線のケア

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

お肌の老化は何歳から始まっていると思いますか?
なんと、「生まれた時から」なんですって。
つまり「20代になったから、そろそろスキンケアを始めようかな」では、遅いかもしれないっていうハナシです。

・紫外線による老化
 冒頭でもありますように、紫外線は世代に関係なくお肌の大敵です。
 20代では、すでに一生分の半分量の紫外線を浴びています。
 紫外線の怖いところは、真相部にメラニン色素を作らせ、それが数年、
 数十年後に肌表面に現れてくるように遅行性の特徴があるところです。
 紫外線による乾燥は、肌の奥ですでに進行していると考えていいかもしれませんね。
 ほうれい線ケアは、UVカットを怠らないことです。

・食生活の変化による老化
 20代になってから親元を離れ、一人暮らしを始める人は多いと思います。
 その結果、食生活が乱れがちになってしまうことも。
 なかなか自炊をすることが難しい環境では、サプリメントなどで必要な栄養を補ってあげてください。
 ジャンクフードは、むくみやすい体質を作ります。
 むくみは、ほうれい線の大きな原因になります。

・運動不足による老化
 学生の頃は、何かとスポーツをする機会に恵まれていた人も、社会人になると運動不足に陥ってしまうことが多いようです。
 運動不足は肥満に繋がるだけでなく、新陳代謝を悪くして体内の流れを滞らせてゆきます。
 デトックスが上手にできなくなることで、ほうれい線が現れ始めます。

日頃のクセや骨格で出来ているほうれい線

ddb7a9bcb4f961c71d3e81ab9e8b009b_s
ほうれい線が出来やすい骨格というものが、残念ながらあります。
頬骨が高く、アゴが細いタイプの人は、早い年代でほうれい線に悩む傾向にあるようです。
また、元の骨格に関わらず、日ごろの何気ないクセが、骨格に影響を与えて、ほうれい線の原因を作っている可能性もあります。

・デスクワークで同じ姿勢が多く、首を前に突き出していることが多い
・食事の際、いつも片側でしか噛まない
・うつ伏せ寝や横向き寝が多い、または枕が高すぎる
・履きこなせない靴やハイヒールで歩いている
・あまり人と接する機会が少ないため、無表情で1日を過ごしてしまう

20代で気を付けておくべきこと

5285aae010c96a59b77d882a96d0718f_s
ある美容クリニックでのアンケートで、年代別スキンケアの悩み調査が行われ、その結果が出ました。
それによると、20代でのお肌の悩み順位は、以下の通りです。

男性 1位:ニキビ、ニキビ跡 59.1%  女性 1位:ニキビ、ニキビ跡 54.0%
   2位:毛穴 38.8%           2位:毛穴 42.9%
   3位:クマ、くすみ、シミ 14.8%    3位:クマ、くすみ 30.9%

20代ではニキビに関する悩みが半数以上でしたが、同時に毛穴やクマ、
くすみといった老化や劣化に繋がる現象も起きていることが分かります。
ニキビケアにばかり気を取られがちな世代ですが、お肌のアンチエイジングを始めることで、
ほうれい線の予防や進行を遅らせることができます!

むしろ、20代だからこそ、一歩先を見越したほうれい線ケア、始めてみませんか?
今後迎える30代40代で、同級生に大きく差をつけられるかも!